ザ・ファブル 視聴レビュー ネタバレあり

こんにちは、管理人のつゆきです

今日は先日Amazonプライムで視聴した「ザ・ファブル」についてレビューしたいと思います。

かるーくネタバレしてるので、ネタバレが嫌な人はUターン推奨です

あらすじ

超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく

映画.comより引用

出演者・スタッフ・制作会社 映画情報

出演者:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、藤本慎吾、宮川大輔、佐藤二郎

監督:江口カン 脚本:渡辺雄介

配給:松竹

2019年製作 123分 日本映画 年齢制限なし(G)

レビュー

映画レビューや原作を未読でこちらの映画を見ました

年齢制限なし&岡田准一が主演だったので

殺し屋が主役と言っても「血」はあまり見せないで、スタイリッシュに銃でバンバン殺す=すぐ人が倒れるだけなイメージを持って映画を見始めました。

開始早々、その考えは間違っていたことに気づきました。

人がバッタバッタ銃で撃たれて亡くなります。血しぶきもすごい飛ぶわ飛ぶわ

年齢制限なしだけど、小学生以下にはショッキングな気がします。

序盤はアクションあり、笑いありって感じでしたが、最後は人もバンバン亡くなり、ヤクザの内部抗争が生生しいく〆はハードボイルド系のしんみりした終わり方。

つゆき

視聴する前の想像と中身が違いすぎて、途中から気持ちが追い付かなったわ。「一年間誰も殺すな」と言った佐藤浩市に騙された・・・

アウトレイジみたいに最初から痛いシーンが多いのが想像できる映画だったら感想は違ったかもしれないね

見ていてなんか物足りないと思ったのが「敵」

敵の殺し屋がチンピラ系なのですが、対決する主人公は伝説の殺し屋なのにチンピラ相手に縛りがあるとは言え苦戦するので、伝説の殺し屋の二つ名が霞んでしまったように感じます。

敵のキャラクターも箔があるベテラン系で対決してくれたらよかったかなぁ

ハイテンションな笑いもあるアクションを期待して見て見たけど、実際はそんなノリは前半のみ。

後半はヤクザの内部抗争がメインで演出も生生しく、女性や小さい子供にはあまりおススメできないかなぁ~と思ってしまいました。

ただ、アクションは結構見ごたえがあるので、

日本のアクション映画を見たい人は候補の一つとしておススメな映画でした。

今ならkindleでザ・ファブル1巻が無料で見れます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住1人暮らしアラサーOL/インカムゲイン/日記/ふるさと納税/米国個別株/配当金/投資信託/貯金/食事/サイト運営8か月目突入
Twitter→@tsuyukisaki

コメント

コメントする

目次
閉じる