誠実性とは

本日、数か月前の自分の失敗をたまたま発見。


失敗の程度は小さくなく、5年以上前の私なら食事がのどを通らないほど大きい失敗。

申し訳なさにつぶされそうになりながら、すぐに上司に報告相談してただろう


で、現在の私はというと



「うわー、やってしまった!!」

「リカバリーできるレベルか・・・?」

・・・計算中・・・

「どうにかなるか」(結論)



反省がまったくない、悪い意味で動じない女になってしまった


失敗発覚から結論を導き出すまでに後悔はあっても反省がない自分に気づいた時が修羅場。


昔の素直だった自分はどこに行ったのか?

嫌な大人になったもんだ


昔チャレンジした簡易ビッグファイブ診断で「誠実性」の結果がカスだったことを思い出した次第


このまま歳を重ねると、仕事上にて行き詰り乗り越えられない壁にぶち当たる気がする



今日思った「このままじゃまずい」という感覚は、ある意味分岐点なのかもしれない。

失敗自体は挽回できる内容だったけど、今日感じた事は忘れないようにしたいものだ。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内在住1人暮らしアラサーOL/インカムゲイン/日記/ふるさと納税/米国個別株/配当金/投資信託/貯金/食事/サイト運営8か月目突入
Twitter→@tsuyukisaki

コメント

コメントする

目次
閉じる